+-
TOKYO GINZA INTERNATIONAL CLINIC

03-6263-2034

受付時間|10:00 - 18:00 (月~金)

当院へのお問い合わせやご質問、ご相談などございましたらご連絡ください。

腸内洗浄 Ulcerative colitis

コロンハイドロセラピー(大腸洗浄療法)
腸をリセットするという発想

腸内洗浄は、身体にやさしい療法

腸は、私たちの健康を司る大切な器官です。腸内には数百種類・100兆個〜1,000兆個におよぶ腸内細菌がすみついており、それらのバランスが腸内環境の善し悪しを左右しているといわれています。「腸内環境を整えよう」「腸内細菌・善玉菌を増やそう」など、健やかな腸=健康という考え方も広まりつつあるようです。そんななか、新たな療法として注目されているのが腸内洗浄です。

化学物質や薬品を使わず、濾過された安全な温水で腸内を洗浄していきます。汚れを洗い流して腸内環境をリセットし、腸内細菌のバランスを整えようというものです。腸を健やかな状態にすることで、予防医療、美容、便秘解消などへの効果が期待されます。

欧米における腸内洗浄の認知度は高く、便秘症・肥満・結腸炎・一部の寄生虫除去・外痔(中度)・憩室症(軽度)の治療に用いられるほか、大腸検査/X線検査前の準備や腸内細菌のバランス維持など、広く利用されています。

  • 便秘解消
  • 予防医療
  • 美容医療

こんな症状、お悩みはありませんか?

便秘による諸症状(口臭・舌苔・頭痛・肩こり・食欲不振・不眠・イライラ)、
疾患から生じる便秘(甲状腺機能低下症・脳血管障害の後遺症・薬剤使用からの便秘)、
頑固な便秘、お腹にガスが溜まりやすい、ガスが臭い、下腹が張りやすい、体臭が気になる、
お腹が冷える、代謝が悪く太りやすい、低体温で冷え性、吹き出物・たるみ・しみ、肌荒れ、
アレルギー体質・アトピー体質、免疫の低下

Topics01 美と健康の基本は、きれいな腸

「生活習慣の乱れ、暴飲暴食、無理なダイエット、薬品(抗生物質)など、腸はさまざまなストレスにさらされています。放っておくと腸内細菌(善玉菌、悪玉菌、日和見菌)のバランスが崩れ、腸内環境は次第に悪化。悪玉菌が増えることで有害物質が発生し、便秘、大腸がんや潰瘍性大腸炎リスクの上昇、ガスの発生、腹部のはり、口臭、肌荒れといった不調を招く原因になってしまいます。腸内の有害物質=汚れは、大腸粘膜の血管から血液中へと溶け出し、全身に運ばれていくのです。

このような悪玉菌優勢の状態をリセットするのが腸内洗浄です。腸内に溜まった汚れを洗い流すことで、乱れがちだった腸壁細胞と腸内細菌叢のバランスが整えられ、腸壁からの栄養・水分の吸収も活発な状態へと戻ります。さらに洗浄後に善玉菌を注入すれば、より健やかな腸内環境の維持が期待できます。

潰瘍性大腸炎

コロンハイドロセラピーの概略

殺菌した温水を使用して腸内を洗浄するシステムで、マッサージと洗浄を繰り返します。
苦痛もなくリラックスして行える安全な治療です。

治療は、直腸から盲腸までの大腸全体を洗浄致します。 便秘は、昔から健康と美容の大敵と云われます。腸壁にこびりついた 宿便を排泄することで、腸と身体の健全化につながり、美容にも効果 が期待できます。 欧米の女性たちは、腸内洗浄に積極的で、イギリスの故ダイアナ妃が 腸を洗浄していたことは有名な話です。

対象年齢:16歳~70歳位

● 20歳以下の方は親御さんの同意書が必要です。
● 70歳以上の方はドクターの判断によります。

こんな方におすすめ

  • 便秘による諸症状 / 口臭・舌苔・頭痛・肩こり・食欲不振・不眠・イライラ
  • 疾患から生じる便秘 / 甲状腺機能低下症、脳血管障害の後遺症、薬剤使用からの便秘
  • 頑固な便秘で悩んでいる
  • お腹のガスが多く臭い
  • 下腹が張りやすい
  • 体臭が気になる
  • お腹が冷える
  • 代謝が悪く太りやすい
  • 低体温で冷え症
  • 吹き出物、たるみ、シミ、肌荒れがある
  • 栄養の吸収が悪い
  • 小じわが増えて肌のはりが無い
  • アレルギー体質、アトピー体質
  • 免疫が低下している
  • など

施術を避けて頂きたい方

  • 鼠径ヘルニア、重度の痔核、脱肛、癒着がある(症状が悪化してしまったり、スペキュラーが入らない可能性がある為)
  • 重度の肝臓病、B型・C型肝炎ウイルス等の感染症保持者
  • 1年以内に腹部の手術を受けた方
  • 施療当日生理の方(下腹部が張ったりもしているので基本的には別日、4日目以降は経血量によって可能)
  • 施療当日、体温37.5度以上、血圧 160/mmHg以上の方
  • 妊娠中の方
  • 施療の2時間以内に食事された方(施療が不可ではないので食事をされてしまった場合はナースへご相談ください)
  • 当日飲酒された方
  • 6ヶ月以内に内視鏡手術(ポリープ切除などを受けた方)など
  • ※詳細については医師にお尋ねください。

診察について

STEP1

カウンセリング

医師と専門スタッフによる問診ならびに血圧・体重測定を行います。

STEP2

腸内フローラ検査

施術の前に腸内フローラ検査で腸内細菌のバランスを調べます。

STEP3

準備

専用の施術着に着替えていただき、施術前の腹部マッサージを行います。

STEP4

スぺキュラの挿入

専用のスぺキュラに潤滑剤を塗り、直腸に約5~6センチ静かに挿入。

STEP5

腸内へ注水~洗浄

直腸から微温水(37度前後)を注入し大腸全体が満たされます。流量は、腹圧を見ながらコントロールされています。ゆっくり腹部マッサージを行います。

STEP6

腸内の洗浄~排水

腸内の便は、腸に注入された水と共に排水ホースから排出されます。この注水から洗浄、そして排水のサイクルを5~6回繰り返して、腸内をきれいに洗浄します。

STEP7

治療の終了

スペキュラを抜いた後に、トイレでご自身で残った水を排出します。
最後に体重をチェックして、着替えと水分補給で終了です。

" "