+-
TOKYO GINZA INTERNATIONAL CLINIC

03-6263-2034

受付時間|10:00 - 18:00 (月~金)

当院へのお問い合わせやご質問、ご相談などございましたらご連絡ください。

オリゴスキャン Oligo scan

体のミネラルや有害金属の量を知る
検査の強い味方、オリゴスキャン

オリゴスキャンとは

医療機関で体内の有害金属・ミネラル測定を行うメジャーな方法は5つあります。それは、毛髪ミネラル検査、爪ミネラル検査、尿中排泄検査、組織生検、そしてオリゴスキャンです。
オリゴスキャンは光学的な測定方法を用いることで、非侵襲的に測定を行ないます。手のひら4ヶ所に光を照射し、各種ミネラル及び有害金属の特徴的なスペクトルを独自の特殊なスキャニング技術を用いて測定し、検査開始から検査結果が出るまでたったの60秒で患者様が知りたい!と思ったときにすぐにお伝えするこことがデキるというとても大きなメリットある検査です。

オリゴスキャンは痛みが全くなし!

栄養療法では血液を採っていろいろな検査項目を診ます。糞便検査・ピロリ菌検査・カンジダ検査などなど、体にまつわる様々なデータの検査方法がありますが、どれも検査結果が出るまで日数がかかります。
毛髪ミネラル検査も尿中ミネラル検査も外部機関に検査を依頼するので、こちらも一般的な検査と同様で日数を必要とします。
オリゴスキャンは手のひらに専用の機械を当てて光を当てるだけなので、全く痛くありません。本来体の組織の中の有害金属・ミネラル検査の測定できるのです。

ミネラル測定とは?

糖質、たんぱく質、脂質、ビタミンと並ぶ五大栄養素のひとつに、ミネラルがある。ミネラルは、人間の身体を構成する物質のうち、たった4%ですが、身体機能維持に欠かせない重要な役割しています。とても少ない量で重要な働きをするところはビタミンと同じですが、ビタミンと異なることは、ミネラルは体の構成成分にもなっているという点です。
成分としては、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンです。
ミネラルは、ビタミンと同様に、とり過ぎによる弊害がみられる場合があります。土壌や海水をはじめ、大型魚や化粧品、医薬品、穀物、排気ガスや農薬などに含まれ、日常の色々な場面で体内に取り込まれる危険があります。
このため、必要なミネラルが足りているか、有害なミネラルが蓄積されていないかを調べる検査が重要となります。

検査について

ミネラルを測定する方法はいくつかあります。
当クリニックでは、手のひらに光を当てて、各ミネラルの波長を特定し、定量測定するオリゴスキャンという機械を取り入れています。この検査は針を刺すという侵襲(身体を傷つけること)がなく、また当日に検査結果が出る、画期的な機械です。

また、有害金属は脂肪組織や肝臓、脳などに蓄積されやすく、それを排泄する機能が低下してしまっている人は、体内に蓄積されていても、毛髪や血液中に出てこない場合もあります。
そういった場合は、尿中に強制的に排泄させて、本当に体内に蓄積されている有害金属量を測定するテストもあります。こちらの検査は6時間程度の尿を貯めて、測定するため、時間と労力がかかりますが、一番正確な測定方法とも言われています。どちらの検査を選択するかは、カウンセリングでご相談ください。

オリゴスキャナー
診療時間
10時から18時

(9時30分 受付開始、17時30分最終受付)

休診日:土曜・日祝日※上表は通常時の診療です。
臨時休診については休診情報をご確認ください。

検査をご希望の方は、外来をご予約ください。
当院2階が受付になっております。
検査が必要な診察については説明が必要なため、初診当日での検査は行っておりません。
詳しくはお問い合わせください。

お問合せ・ご予約
03-6263-2034
" "