+-
TOKYO GINZA INTERNATIONAL CLINIC

03-6263-2034

受付時間|10:00 - 18:00 (月~金)

当院へのお問い合わせやご質問、ご相談などございましたらご連絡ください。

CTC検査 CTC inspection

がん検診の新基準。
見えない微細がんを見抜く

CTCとは?

近年の研究で、がん腫瘍が2mmほどになると、その細胞が遊離して血管内に流れ出すことが分かっています。CTCとは、固形がん(*)患者の血液中に存在し、体内を循環する微少量のがん細胞(Circulating Tumor Cells)のことで、日本語では、「血中循環腫瘍細胞」または「末梢血循環腫瘍細胞」といいます。CTCは血液内を循環し、他の部位へ転移を引き起こすと考えられています。
(*)血液がん以外の、がん細胞が集まってできるがんの総称。

CTC検査=超早期発見がん検査

画像検査では確認できない
「微細がん」を検出できる
「CTC検査」が注目されています

がん腫瘍は約10mmの大きさになってはじめて早期がんとして認識されます。PETやX線などの画像検査でも、確認できるがん腫瘍は5〜7mm以上です。 しかし「CTC検査」なら、これまで発見が難しかった5mm未満のがん腫瘍=「微細がん」の存在を予見することができます。

※東京銀座国際医院の特徴 現在、当院では国内最多の15種類の抗体を調べ分析することができます。

CTC検査とは?

体内を循環するCTCを血液から直接検出して、その数を測定する方法がCTC検査です。検出されたCTCの数などによりがんの罹患や転移の状態、がんの種類などを予見し、早期に治療を受けることが可能になります。

CTC検査は、時間を取らない
高精度ながん検査

当院のCTC検査のおおきな特長として
(*検査特長の資料希望)

・採血と問診だけなので検査に時間がかからない
・検査結果が出るのが約1週間後と早い
・負担が少ないがん検診として有効
・超早期発見に伴い、超早期治療が可能
・微細ながんの段階でがんの発症を予見(超早期発見)
・術後のがんの再発・転移を予見
・予後や治療効果を予測

がん腫瘍が早期がんとして認識される大きさは約10mm。その大きさに増殖するまでにかかる時間は、約10年といわれます。その10年を待つのではなく、採血だけで済むCTC検査で「超早期発見」を試みるのも、がん検診のひとつの選択ではないでしょうか。

現在のがん診断について

当院で、発見可能ながん腫瘍
たんぱく質

  • CK18
  • HER2
  • AFP
  • GFAP
  • CA19-9
  • メトテリン
  • ビメンチン
  • CD44 v6
  • CD133
  • EpCAM
  • Chr-A
  • PSA
  • CA125
  • PD-L1
  • DR4

CTC

CEC

検出されたCTCの数をもとに
最善の治療法をご提案します。

CTCが1個でも検出されたら、すでに微細ながんが発症(もしくは転移)の可能性があると考えられます。継続的なCTC検査の実施や、分子レベルでの治療(免疫療法やがん抑制遺伝子治療)など、一人ひとりの状態に合わせた対処法をご提案します。

CTC数 診断結果後の指標

0
がんの存在や転移の可能性は少ない。ただし、がんがまったく無いわけではないため、年に一度CTC検査を受けることが望ましい。
1〜2
がん細胞の存在を示している。NKT・DC免疫治療・がん抑制遺伝子点滴治療といった分子細胞療法を予防的に行うことを推奨。危険性が高い場合は、6〜12ヶ月ごとにCTC検査を受けることが望ましい。
3〜4
他の検査結果(画像検査、腫瘍バイオマーカーの血液検査等)が正常であれば、3〜6ヶ月ごとにCTC検査を受ける必要性があり。NKT・DC免疫治療・がん抑制遺伝子点滴治療といった分子細胞療法を行ったあとに、CTC検査を受けることが望ましい。
5〜10
対象者は直ちに詳しい検査を受けることが必要。他の健康診断結果が正常であれば、1〜3ヶ月以内にCTC検査を受ける必要性がある。分子細胞療法でCTC数か5未満に減少した場合、CTC検査を3〜6ヶ月ごとに受けることが望ましい。
11〜
対象者は直ちに詳しい検査と分子細胞療法を受けることが望ましい。

治療について

現在、当院では国内最多の15種類の抗体を調べ分析することができます。
I-Fish法によって、がん細胞の存在の有無だけでなく、がんの種類や進行度も確認いただけます。

検査当日
医師による問診→検査対象の腫瘍マーカーを選択→約10mLの採血(検査は20分程度で終了です)
検査結果
約1週間後
治 療
検出されたCTCの数により最善の対処法を検討。早期治療として、当院のNKT・DC免疫治療・がん抑制遺伝子点滴治療による分子細胞療法を推奨。
診療時間
10時から18時

(9時30分 受付開始、17時30分最終受付)

休診日:土曜・日祝日※上表は通常時の診療です。
臨時休診については休診情報をご確認ください。

検査をご希望の方は、外来をご予約ください。
当院2階が受付になっております。
検査が必要な診察については説明が必要なため、初診当日での検査は行っておりません。
詳しくはお問い合わせください。

お問合せ・ご予約
03-6263-2034
" "