+-
TOKYO GINZA INTERNATIONAL CLINIC

03-6263-2034

受付時間|10:00 - 18:00 (月~金)

当院へのお問い合わせやご質問、ご相談などございましたらご連絡ください。

抗がん剤・放射線との相乗効果

イメージ
Synergy

抗がん剤には自滅促進型
増殖抑制型(分子標的薬)があります。

  • 自滅促進型の抗がん剤とp53・p16はDNAに対する
    作用機序が似ているため相乗効果を示す。
  • 増殖抑制型の抗がん剤とPTENは同じ増殖シグナル抑制に
    働きかけるため相乗効果を示す。
  • 放射線治療に対してDNAに損傷がある細胞を
    自滅に追い込むp53・p16は相乗効果を示す。

がん遺伝子治療は、抗がん剤や放射線治療との相乗効果が非常に高く、標準治療との複合治療はより大きな効果が期待されます。
治療法は、主に点滴投与のため苦痛もなく、副作用もほとんど認められません。肉体的にも精神的にも優しい治療なのです。

がんは遺伝子の異常から発現するため、その原因である遺伝子に直接作用するがん遺伝子治療が、ほとんどのがんに効果を示すのは当然のこととも言えます。
つまり、がん遺伝子治療は、がんの種類や病期を問わず優れた効果を発揮するのです。

再生医療の認可について

この再生医療を提供するためには、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づき、厚生労働省が認定した「認定再生医療等委員会」「特定認定再生医療等委員会」による治療の妥当性や安全性、医師体制、管理体制など、総合的な審査を受ける必要があります。
そこで条件を満たし、厚生労働大臣に対して再生医療提供計画の提出手続を行い、厚生労働省医政局研究開発振興課が公開する「届出された再生医療等提供計画の一覧」に公示され、初めて再生医療の提供が可能になります。
がん免疫療法をご検討の際は、治療提供機関の届出の有無を必ずご確認ください。
提供機関は、下記より確認できます。

当施設の再生医療等提供計画の届出

がん治療

第三種再生医療等提供計画(治療)
「樹状細胞がんワクチン療法」
第三種再生医療等提供計画(治療)
「悪性腫瘍の予防に対する自家NK細胞療法」

細胞培養加工施設「東京銀座国際醫院 細胞加工室」
第三種認定再生医療等認定委員会の名称「医療法人清悠会認定再生医療等委員会」

■厚生労働省HP
 「届出された再生医療等提供計画の一覧」はこちら

変形性膝関節症

第二種再生医療等提供計画(治療)
「変形性膝関節症に対する多血小板血漿(Platelet-Rich-Plasma:PRP)関節内投与療法」
第二種再生医療等提供計画(治療)
「変形性膝関節症に対する自己骨髄由来間葉系幹細胞を含む骨髄濃縮液(Bone-Marrow-Aspiration-Concentration:BMAC)の 関節内投与療法」

細胞培養加工施設「東京銀座国際醫院 細胞加工室」
第二種認定再生医療等認定委員会の名称「ヴィヴィアン特定認定再生医療等委員会」

■厚生労働省HP
 「届出された再生医療等提供計画の一覧」はこちら

再生医療等の安全性の確保等に関する法律について。
法令・政令・省令・通知について

治療に関してはインフォームドコンセントを重視し、すべての医師が各自専門的な角度から、患者が納得いくまでご説明をし、安心して治療をお受けいただけるよう、的確な診断と迅速な対応で治療を提供いたします。
また治療については完全予約制で豪華にリラックスしていただける完全個室処置室を患者とご家族にご提供し、プライバシー保護と快適な治療空間をご提供いたします。

厚労省より認可を
取得しています

当院のがん治療は、提供計画書が厚生労働省に受理されていて、第三種再生医療の認可を取得済です。一定の安全性が確保された治療を、正しい手順で行っています。

詳しくはこちら
診療時間
10時〜18時(受付時間 9時30分〜17時30分)

休診日:土曜・日祝日※上表は通常時の診療です。
臨時休診については休診情報をご確認ください。

検査をご希望の方は、外来をご予約ください。
当院2階が受付になっております。
検査が必要な診察については説明が必要なため、初診当日での検査は行っておりません。
詳しくはお問い合わせください。

お問合せ・ご予約
03-6263-2034
" "