+-
TOKYO GINZA INTERNATIONAL CLINIC

03-6263-2034

受付時間|10:00 - 18:00 (月~金)

当院へのお問い合わせやご質問、ご相談などございましたらご連絡ください。

遺伝子治療の特徴

Genetic abnormality

がん遺伝子治療は、がんの原因である
遺伝子異常を改善する。

がん遺伝子治療は、遺伝子の異常から発生するがんに対して、もっとも理にかなった治療法といえます。遺伝子異常によってがん化した細胞に、遺伝子を正常に導く治療タンパクを投与し、がんの無限増殖を抑制。がん細胞だけをアポトーシス(自然な細胞死)へと導きます。

しかし、遺伝子治療とよばれるすべての治療が、必ずしも有効であるとは限りません。遺伝子治療に使用する治療タンパクやベクター(運び屋)は常に進化しているため、遺伝子治療も常に最新でなければ思うような治療効果は得られません。どのような治療タンパクやベクターを使用し、それをどのように発現させるかが、治療効果の重要な鍵となるのです。

イメージ

がん遺伝子治療の特長

遺伝子治療ではどのようなベクター(運び屋)を使い、どのような治療タンパクを体内へと持ち込み、
どのように発現させるかが、治療効果の重要なカギとなってきます。

副作用が少ない
発熱・頭痛・血圧変動などの副作用が起こることがあるが、解熱剤やごく少量のステロイド投与でほぼ抑えられる
発がん予防・再発予防・再発中・末期で使用可能である
正常細胞への影響がない
治療に使用するがん抑制遺伝子は正常細胞にもともと備わっているものであり、正常細胞には作用しない
抗がん剤や放射線治療の効果を増強させる
抗がん剤治療や放射線治療はがん細胞の遺伝子を傷つけ細胞死に導くが、遺伝子治療も同じく遺伝子が損傷された細胞を排除するため、 療法の効果を増強することができる
分子標的薬の増殖阻止とPTENは同じ経路で働くため相乗効果を示す
細胞レベルでもがんに作用する
遺伝子治療の効果は血管やリンパ管により全身へ広がり、がんの原因となる遺伝子異常に作用するため治療適応範囲が広く有効である
初回のがん治療、再発がん治療はもちろん、マイクロ転移や微細ながん細胞などによる再発予防にも有効である
全身に広がり作用するので抗がん剤を使わないがんの治療にも有効である
前がん状態にも作用する
がん抑制遺伝子が正常に機能していない前がん状態の細胞にも同様に作用し、前がん状態の細胞の増殖を抑えて自滅に追い込むため、がん発現予防にも効果的である
耐性にならないので長期使用が可能
抗がん剤は繰り返し使用することで耐性ができ、同じ薬が効きにくくなる場合がある。
しかし、がん遺伝子治療は抗がん剤と違い細胞レセプターを介せず、直接がん細胞内に入り作用するため、耐性ができることはなく、長期使用が可能である
抗がん剤・放射線が効きにくいがん幹細胞や難治性のがんにも有効
がん遺伝子治療は直接がん細胞内に入り込み作用するため、抗がん剤や放射線が効きにくいがん幹細胞や難治性のがんにも効果を発揮する
そのため標準治療と遺伝子治療を併用することで治療効果が飛躍的に向上する
治療の適応範囲が広い
抗がん剤・放射線治療・免疫療法など、どのがん治療とも高い相乗効果があり併用が可能である
がんの予防・再発予防・再発がん治療・末期がんの延命など、さまざまなケースで対応が可能である
強い副作用がないので、体力の衰えが激しい患者さまでも、入院せずに仕事をしながらでも治療が可能である。
あらゆる種類のがんに有効である
がん遺伝子治療は異常遺伝子に直接作用するため種類や部位を問わず、あらゆるがんに有効である。
抗がん剤が効きにくい、ストレスに強いがん細胞やがん幹細胞、難治性のがんにも効果が期待できる。
入院や特別な施設、装置を必要としない
通常の治療方法(治療タンパクの投与)は点滴で行うが、がん腫瘍へ直接注入する方法も可能。
どちらの場合も入院や特別な施設、装置を必要としない。
どちらの場合も入院や特別な施設、装置を必要としない。
診療時間
10時から18時

(9時30分 受付開始、17時30分最終受付)

休診日:土曜・日祝日※上表は通常時の診療です。
臨時休診については休診情報をご確認ください。

検査をご希望の方は、外来をご予約ください。
当院2階が受付になっております。
検査が必要な診察については説明が必要なため、初診当日での検査は行っておりません。
詳しくはお問い合わせください。

お問合せ・ご予約
03-6263-2034
" "