+-
TOKYO GINZA INTERNATIONAL CLINIC

03-6263-2034

受付時間|10:00 - 18:00 (月~金)

当院へのお問い合わせやご質問、ご相談などございましたらご連絡ください。
がん細胞のみを標的にする 「がんフュージョンセル療法」

〝あなた〟の細胞で作る
〝あなた〟だけのがんワクチン

患者さまごとに特徴が異なるがん細胞。
それを同じ薬で治療することには限界があります。その状況を打破する新しい療法として登場したのが、患者さま自身の樹状細胞から専用ワクチンを作り、がん細胞だけを攻撃するフュージョンセル療法です。
ただし、樹状細胞は数が少ないため、確実にリンパ球へがん抗原を教えることができるか定かではありません。そこで樹状細胞のもととなる細胞を体外へ取り出して培養して増殖し、樹状細胞に成長させた後、がん細胞の情報を獲得させる必要があります。こうして体内のリンパ球にがんの特徴を確実に教えられるフュージョンセルワクチンは作られるのです。

Topics01 オーダーメイド型ワクチンで
個人別がん治療が可能に!

樹状細胞が敵の目印(抗原)を伝える抗原提示能力に優れていることが判明したことで、免疫療法と呼ばれる、人体に備わる免疫の力を利用する治療法に、大きな変革がもたらされることになります。

その一つが、がんワクチン治療として知られる、樹状細胞ワクチン療法です。抗原提示能力が高いということは、つまり、「がん細胞はここにいる」と敵を認識した上で、がんだけを攻撃できるということです。樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞のこの働きを利用した治療法です。

体外で作られたフュージョンセルワクチンを皮下注射すると、リンパの流れに乗ってリンパ節へたどり着きます。そこでリンパ球が活性化され、〝細胞の殺し屋〟として働くキラーT細胞を増やしていきます。がん細胞の正確な情報を教えられたキラーT細胞は、がん細胞のみを狙い攻撃することができます。がんを特定して攻撃するのは、このキラーT細胞だけです。

  • 1時間後
    フュージョン開始
  • 2時間後
    フュージョンセル
  • 4時間後
    フュージョンセル完成

フュージョンセル療法の特徴

・副作用が少ない
患者さまの細胞を用いてワクチンを作るオーダーメイド型の療法であり、がん細胞だけを標的とするので、吐き気・下痢・脱毛などの副作用は報告されていません。

・入院の必要がない
採血や各種検査、ワクチン注射などすべて通院で済むため、入院は必要ありません。

・転移したがんも攻撃する
がん細胞の情報を獲得したリンパ球は、体内をめぐりがん細胞だけを攻撃します。そのため転移しているがんにも効果が期待できます。

・長期間体内をめぐりがんを見張る
ワクチンによりがんの特徴を教え込まれたリンパ球は、その一部が体内に残りがん細胞に出会うと活性化して攻撃します。リンパ球は、個人差はあるものの長期間効力を保持できるので、再発防止への効果も期待されます。

受診の対象となる方

・がんと診断されて間がなく、治療開始をお考えの方
・すでに治療を始めている方
・治療によりがんは消えたが、再発防止をお望みの方
・標準治療で十分な効果が出ない方、あるいは再発した方
・免疫チェックポイント阻害剤の使用をお考えの方
・「もう治療法はない」あるいは「これが効かなかったらもう薬はない」と言われた方
・余命宣告を受けた方

フュージョンセルワクチンの副作用

・重篤な副作用は報告されておらず、自己免疫反応もありません。
・発熱:約2%の頻度で37℃台の微熱が出ることはあるものの1、2日で解熱。また、ごく稀に38℃台の発熱が見られます(ほとんどが別の原因である)。発熱時は特に治療の必要はありません。
・体のだるさ:約1%の頻度でワクチン摂取後2、3日、体のだるさを感じることがあります。
・注射部位の痛みや皮下出血:注射局所の痛みが2、3日続く場合があります。また、皮下の血管に針が当たり皮下出血する場合があります。

治療の流れ

STEP1

医療相談

専門の医師が患者さまやご家族のお話を伺いつつ、患者さまの病状に合わせた治療方針を相談いたします。フュージョンセル療法についても、詳しく説明いたします。

STEP2

治療前の検査

フュージョンセル療法を受けられるかどうかを判断するため、血液検査・画像検査を行います。各検査結果が出るまで約1週間かかります。

STEP3

成分採血(アフェレーシス)

成分採血で取り出した単球は、厳重に管理されたクリーンルーム(細胞加工施設)で培養されます。単球を樹状細胞に育て、人工抗原やがん組織を与えることで、がんの目印を認識した、成熟した樹状細胞に育てます。ワクチンを作るには、品質検査も含めて約3週間かかります。

STEP4

フュージョンセルワクチンの培養

成分採血で取り出した単球は、厳重に管理されたクリーンルーム(細胞加工施設)で培養されます。単球を樹状細胞に育て、人工抗原やがん組織を与えることで、がんの目印を認識した、成熟した樹状細胞に育てます。ワクチンを作るには、品質検査も含めて約3週間かかります。

STEP5

フュージョンセルワクチンの投与

フュージョンセルワクチンを2週間に1回のペースで注射投与します。注射5〜7回で1セットとなり、その治療期間は約3~4ヵ月です。
※フュージョンセルワクチンを局所に投与する場合は4~7回で1セットとなります。

STEP6

治療効果の評価

ワクチン投与1セットの治療終了後に、治療効果を評価します。それをもとに、医師が今後の治療方針を患者さんやご家族と相談いたします。

再生医療の認可について

この再生医療を提供するためには、「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」に基づき、厚生労働省が認定した「認定再生医療等委員会」「特定認定再生医療等委員会」による治療の妥当性や安全性、医師体制、管理体制など、総合的な審査を受ける必要があります。
そこで条件を満たし、厚生労働大臣に対して再生医療提供計画の提出手続を行い、厚生労働省医政局研究開発振興課が公開する「届出された再生医療等提供計画の一覧」に公示され、初めて再生医療の提供が可能になります。
がん免疫療法をご検討の際は、治療提供機関の届出の有無を必ずご確認ください。
提供機関は、下記より確認できます。

当施設の再生医療等提供計画の届出

がん治療

第三種再生医療等提供計画(治療)
「樹状細胞がんワクチン療法」
第三種再生医療等提供計画(治療)
「悪性腫瘍の予防に対する自家NK細胞療法」

細胞培養加工施設「東京銀座国際醫院 細胞加工室」
第三種認定再生医療等認定委員会の名称「医療法人清悠会認定再生医療等委員会」

■厚生労働省HP
 「届出された再生医療等提供計画の一覧」はこちら

変形性膝関節症

第二種再生医療等提供計画(治療)
「変形性膝関節症に対する多血小板血漿(Platelet-Rich-Plasma:PRP)関節内投与療法」
第二種再生医療等提供計画(治療)
「変形性膝関節症に対する自己骨髄由来間葉系幹細胞を含む骨髄濃縮液(Bone-Marrow-Aspiration-Concentration:BMAC)の 関節内投与療法」

細胞培養加工施設「東京銀座国際醫院 細胞加工室」
第二種認定再生医療等認定委員会の名称「ヴィヴィアン特定認定再生医療等委員会」

■厚生労働省HP
 「届出された再生医療等提供計画の一覧」はこちら

再生医療等の安全性の確保等に関する法律について。
法令・政令・省令・通知について

治療に関してはインフォームドコンセントを重視し、すべての医師が各自専門的な角度から、患者が納得いくまでご説明をし、安心して治療をお受けいただけるよう、的確な診断と迅速な対応で治療を提供いたします。
また治療については完全予約制で豪華にリラックスしていただける完全個室処置室を患者とご家族にご提供し、プライバシー保護と快適な治療空間をご提供いたします。

厚労省より認可を
取得しています

当院のがん治療は、提供計画書が厚生労働省に受理されていて、第三種再生医療の認可を取得済です。一定の安全性が確保された治療を、正しい手順で行っています。

詳しくはこちら
診療時間
10時〜18時(受付時間 9時30分〜17時30分)

休診日:土曜・日祝日※上表は通常時の診療です。
臨時休診については休診情報をご確認ください。

検査をご希望の方は、外来をご予約ください。
当院2階が受付になっております。
検査が必要な診察については説明が必要なため、初診当日での検査は行っておりません。
詳しくはお問い合わせください。

お問合せ・ご予約
03-6263-2034
" "