+-
TOKYO GINZA INTERNATIONAL CLINIC

03-6263-2034

受付時間|10:00 - 18:00 (月~金)

当院へのお問い合わせやご質問、ご相談などございましたらご連絡ください。

がんの特徴

balance

ヒトは約60兆個の細胞から成り、
増殖と自滅でそのバランスを
保っている

「不死」と「無限増殖」は、がんの最大の特徴です。
よってがん治療においては、がん細胞をアポトーシスに導くこと、がんの増殖を止めることの2点が重要なポイントとなってきます。アポトーシスに導き、がんの増殖を止めることは一緒のようですが、実はそれぞれ違うアプローチが必要となってきます。

最新のがん遺伝子治療では、がんの「不死」と「無限増殖」そして「発現」に対して、それぞれのがん対して効果の高い治療タンパクを使用しています。

これらの治療タンパクを高い確立でがん組織へと届けるために欠かせないのが、運び屋の役割を担うベクターです。がん細胞へ安定的に届けるために、どのようなベクターを使用するかが重要になってきます。

運び屋の役割を担うベクター

「不死」に対して
1p53・p16
「増殖」に対して
PTEN・CDC6抑制RNA
「発現」に対して
発現に関係するEZH2を抑制するEZH2抑制RNA
イメージ

がん遺伝子治療の効果を左右する
重要なポイント

  • 1

    どのような多種の治療タンパクを使用するか
  • 2

    がんに高濃度に治療タンパクを届ける、優れたベクター(運び屋)を使うか

当初の遺伝子治療では、アデノウイルスというベクターを使用していました。しかし、発現期間が短く、細胞の核にまで入り込む可能性も少ないことから、遺伝子治療のベクターとしては十分ではありませんでした。
その後、発現期間が長く、細胞の核へ容易に入り込むレンチウイルスを用いることによって、遺伝子治療の効果は飛躍的に前進したのです。最新の遺伝子治療では、さらに改良した特殊なベクターを使用しています。

診療時間
10時から18時

(9時30分 受付開始、17時30分最終受付)

休診日:土曜・日祝日※上表は通常時の診療です。
臨時休診については休診情報をご確認ください。

検査をご希望の方は、外来をご予約ください。
当院2階が受付になっております。
検査が必要な診察については説明が必要なため、初診当日での検査は行っておりません。
詳しくはお問い合わせください。

お問合せ・ご予約
03-6263-2034
" "